株は、下落しても儲かる?! 「売り」のおはなし

株式投資 空売り

こんにちは、雅の株~「超初心者」から「初心者」になるためのブログ~にアクセス頂きましてありがとうございます。

本日は、株価が下落していても利益を出す方法についてお話します。

※当ブログは「株に興味はあるけど、まだやってはいない」というような初心者の方向けのブログです。

概要だけわかりやすく説明しておりますので、細かい内容や取引テクニックなどは別の機会に書きます。




「買い」と「売り」のおはなし

「買い」~安い価格で買って、高い価格で売る~

まずはおさらいです。

「買い」は、株式トレードの基本的な投資方法ですよね。

株を安く取得し、高くなったら売る。

その売買益が利益になる、というものです。

これは株の短期投資、中期投資、長期投資に関係なく、どんな投資方法でも存在する基本的な利益の源泉です。

株が下落しても利益を出すことができる、「空売り」

株が下落したら損するじゃないですか、ふざけないでくださいよ。

・・・という風にお考えの方もいるではないでしょうか。

無理もありません、僕も最初はそう思ってました。

 

実は株式投資には、信用取引の空売りというものを使うと、株価が下落しても利益を得ることができるんですね。

どういうことなのか、今日は概要だけご紹介致します。

 

AさんとBさんの間でダイヤの指輪の貸し借りがあったとします。

この例で、「空売り」について説明してみますね。


まずAさんが100万円のダイヤの指輪を持っていたと仮定します。

とても羨ましく思ったBさんは、自分ではとても買えないそのダイヤの指輪を、Aさんから貸してもらうことにしました。

しかし、Bさんは急にまとまった現金が必要になってしまい、困ったあげくAさんから借りた指輪を質屋に入れて、まだ新品未使用だった指輪の対価として100万円受け取りました。

 

そのうち、BさんはAさんに、指輪をそろそろ返してほしいと言われたので、先日受け取った100万円を持って質屋に行き、指輪を買い戻しました。

時間が経っていたので、指輪は中古扱いとなり価格が下がっていて、80万円になっていたのです。

80万円で買い戻した指輪をAさんに返却して、手元には20万円が残りました。

めでたし、めでたし。


と、いうことです。

これを株の世界で説明すると、


1000円の株価の銘柄があったとします。

このときに、この銘柄の株が下落すると予想するとします。

普通でしたら下落しそうな株は怖くて買いませんが、ここで証券会社から株を100株借りてきて、1000円×100株で売り、10万円が手元に残ります。

借りてきた株を売ったのです!

この、借りてきて売る行為のことを「空売り」と言います。

予想どおり、株価が下落したので800円まで下がったところで空売りで得た10万円で800円の株を100株買い戻します。

800円×100株は8万円ですね。

買い戻した100株を証券会社にお返しして、手元には2万円が残りました。

めでたし、めでたし。


ということです。

 

よく株の世界で、株価は上昇より下降の方が3倍速いなんて言ったりします。

たしかにそうなんです。

上昇するのは時間がかかるけど、下落するときは一気に下落することも実際にあるのです。

空売りという武器があれば、そういう下落の局面をも利益にかえられるということですね。

リスクについてはまたお話しします。

まあ簡単に言うと、先程のダイヤの指輪の話、質屋にいれた指輪にプレミアがついて価格が高騰したら・・・

ということです。

株式投資は全てにおいてリスクがつきものです。

最大限のリスクカットを常に頭に入れて投資しましょうね。

株マイスター

注目銘柄情報配信!
登録無料!

株マイスターの無料メルマガ会員になることで、日々の市況レポートや注目銘柄情報をメールで受け取れます!