株価の動きが一目でわかる、「ローソク足」とは その2

「ローソク足」とは

こんにちは、雅の株~「超初心者」から「初心者」になるためのブログ~にアクセス頂きましてありがとうございます。

前回は、「株価の動きが一目でわかる、「ローソク足」とは」という記事を書きました。

ローソク足とは何か、どうやって見るのか、などの基本的なことについてでしたね。

今回の記事は続きで、ローソク足はどんな動きをして、どんなことをそこから読み取ればいいのかということについて、解説してみたいと思います。

スポンサーリンク


 

長い胴体と、長いヒゲに注目

一本一本のローソク足の見方は、前回書きましたね。

ローソク足チャートが優れている点は、株価の大きなトレンドやリズムをつかめるだけでなく、毎日の株価の動きもわかってしまう点にあります。

ローソク足一本一本が、その時々の株価の状態や転換点などを示すヒントとなるのです。

 

特に、長い陽線と陰線、長い上ヒゲや下ヒゲなどは、株価リズムや需給状態を占ううえでとても重要な意味を持ちます。

ローソク足の「長い胴体」

ローソク足 長い胴体

極端ですが、こんな風に胴体が長い場合。

安値で始まって、高値で終わった、という意味でしたよね。

長い陰線や陽線のことを、それぞれ大陰線大陽線といいます。

 

例えばですが、安値圏(株価が相場全体を見たときに比較的安い状態にあるとき)や横ばい状態にあるときに大陽線がでると、強い買いが入ったと読み取り、そこから上昇開始するかも、というふうに考えることができます。

逆に高値圏で大陰線が出た場合、売り圧力が強まり下降が開始するかも、ととらえることができるわけですね。

ローソク足の「長いヒゲ」

ローソク足 下ヒゲ

安値圏での長い下ヒゲは上昇サイン

下落が続いた後に安値圏で長い下ヒゲが出た場合、一度安値を付けた後、買い注文が株価を押し上げたことがわかります。

ということは、株価が底をうった可能性があるので、そこから上昇に転じるかもしれない、と考えることができます。


ローソク足 上ひげ

高値圏での長い上ヒゲは下落サイン

株価の上昇が続いたあとに高値圏で長い上ヒゲがでた場合、一度高値を付けた後、売り注文が入って株価を押し下げたことがわかります。

つまり天井をうった可能性があるので、そこから下落が始まるかもしれない、というように考えることができるわけですね。


このように、ローソクの形をとらえることは、その後の株価の動きを予測するうえでとても重要になるわけです。

ここで改めてお伝えしておきますが、僕がここにローソクのパターンやリズム、現象を紹介していますが、これが絶対ではないということを忘れないでください

これは株を勉強する際に言えることですが、どこかで勉強した情報を、まずは過去のチャートなどをみて確認し、自分の目でその現象をおさらいすることが大事です

そうすることで仕入れた情報を自分の中で消化し、一つ一つ自分の武器にかえていくのです。

本日はローソク足の動きや読み取り方についてでした。

是非、ここで学んだことをチャートで見てみてくださいね。

 

お読み頂き誠にありがとうございました。

スポンサーリンク