「インフレ」と「デフレ」を、お金の価値から考える

現役証券マンの経済コラム
~お金の流れで世界を知る~

皆さんこんにちは、霧島です。

本日は、経済に興味がない人でも一度は聞いたことがあるであろう言葉、「インフレ」と「デフレ」についてです。




インフレとデフレ、結局どういう意味?

インフレ(インフレーション)やデフレ(デフレーション)と言うのはお金の価値変化を表します。

「え?物価が上がることをインフレっていうんじゃないの?」と考えた方は少し考え方を変えて下さい。

と言うのも、今後もお金について考えていく中で、このインフレとデフレの知識はとても重要になってくるからです。

今100円のハンバーガーが120円に値上がりしたという事をインフレと言うのでは無く、同じハンバーガーに、より多くのお金を払わなくてはいけなくなった(相対的にお金の価値が下がった)、と言うことがインフレなのです。

このインフレとデフレが起こる限り、前出のお金の「価値の保存」と言う機能は正確には確約されないのと考えています。

※価値の保存についてはこちら

お金の価値の変動

例えば1960年頃に100万円持っていれば、当時のうどん屋で40円のうどんを25,000杯注文できました。

しかし、現在のうどん屋のうどんの平均単価は500円位なので、当時からずっと100万円をタンスに入れていた人は今うどんを食べに行くと2000杯しか注文出来ないのです。

これは物価が上がったとも言えます。

しかし正確に言うと「うどんと交換する為に持っていたお金の価値が下がった」のです。

つまり今も昔も同じうどんですが、交換するお金の価値が下がったので、より多くのお金を使う必要がでてきたわけです。

これがインフレと言う現象で、逆にお金の価値が上がることをデフレと言います。

このように、お金と言うモノはいつでも同じ価値があるわけでなく、常日頃から価値が変わっているのです。

→経済コラムをもっと見る←

株マイスター

注目銘柄情報配信!
登録無料!

株マイスターの無料メルマガ会員になることで、日々の市況レポートや注目銘柄情報をメールで受け取れます!