株価の動きが一目でわかる、「ローソク足」とは

ローソク足とは

こんばんは、雅の株~「超初心者」から「初心者」になるためのブログ~にアクセス頂きましてありがとうございます。

 

本日は、株価チャートを形成する最も重要な要素、「ローソク足」について解説してみたいと思います。




一日の値動きがひと目でわかる?!

株価チャート

株価チャート

まずはおさらいです。

↑この図が、株価チャートでしたね。

株価の推移をグラフにしたもので、株価や売買量、トレンドなどが表されるとても重要なグラフです。

その企業の業績や経済の状況などを分析しなくても、このチャートを見れば、「株価は今上昇しているな」とか、「株価が乱高下しているな」など、だいたいの株価のリズムが一目瞭然で分かります。

株式投資では、この「株価のリズム」を掴むことが非常に重要なんですよね。

ローソク足とは

この株価チャートをよく見ると、ローソクのようなものが連なっているのがわかります。

これを、その名の通り「ローソク足」といい、株価の値動きを表しているのです。

上のチャートですと一日の値動きを一本のローソク足で表していて、その日にいくらで株価が始まり、株価がいくらの時点で終わったか。

また、その日のうちにいくらまで株価が上昇し、いくらまで株価が下落したか、などがひと目でわかるのです。

すごいですよね。

ローソク足の見方

まずは見方を覚えよう

これがローソク足です。

ローソク足

色のついていない方が「陽線」といって、一日を通して株価が上昇したときにはこの色のローソク足になります。

逆に一日を通して株価が下落した場合は、色のついたローソク足の「陰線」がつきます。

 

※始値・・・一日の取引時間のなかで、最初についた値段のこと

※終値・・・一日の取引時間のなかで、最後についた値段のこと

 

ローソク足 ひげ

四角い箱の上下に、線が伸びているのがわかると思います。

これを「ヒゲ」といいます。

・・・なんか全体的にもの凄く単純なネーミングですよねw

けどとても重要。

ひげの上側の先端が、その日につけた一番高い値段を示す高値。

逆にヒゲの下側の先端が、その日につけた一番安い値段を表します。

 

まとめ

ローソク足をみれば、その日に株価が「いくらで始まり」、「いくらまで上がり」、「いくらまで下がり」、「いくらで終えたか」、がひと目でわかるということです。

ちなみに補足説明ですが、今は一日の値動きを一本のローソク足で示す「日足チャート」で説明していますが、例えば一週間の値動きを一本のローソク足にした「週足」、一ヵ月の値動きを示す「月足」など、様々な期間の長さでチャートを見ることができるのです。

またこの辺りは詳しく書きますが、どんな投資方法をとるかによって、分析するべき期間のチャートが変わってくるのです。

今回は株価チャートの基本である「ローソク足」とはなにか、ということについてざっと解説しました。

次回はこのローソク足がどんな動きをして、どんなことを読み取れるのかについて書いてみたいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク