株式チャートの基本『トレンド』とは!?意味をわかりやすく解説!

株式チャート トレンドとは

トレンドを制する者は、チャートを制する!?

こんばんは、雅の株~「超初心者」から「初心者」になるためのブログ~にアクセス頂きましてありがとうございます。

 

本日は、株価チャートで最も大切と言っても過言ではない、「トレンド」についてです。

その前に、株価チャートについておさらいしておきましょう。




株価チャートとは

株価チャートとは上の画像のように、株価の推移を表したもので、簡単に言うとお金の流れをグラフにしたものですね。

テクニカルチャートと呼んだりもします。

企業業績や決算報告書など、ファンダメンタル分析をしなくても、その株の状況や売買ポイントを判断することができるのです。

これをテクニカル分析と言います。

トレンドとは

それでは本題のトレンドとは!?というテーマに入っていきます。

株価チャートにおけるトレンドとは簡単にいうと、「現状、その銘柄の株価の推移がどんなかんじなのか」ということが一目見ただけで判断できる材料と言えるのです。

株価のトレンドとは、

【上昇トレンド】

上昇トレンド 矢印

【下降トレンド】

【トレンドレス 横ばい】

この3つのパターンしか存在しません。

実際にはこの矢印のように真っすぐな線にはなりません。

株価が上下動を繰り返しながらも、大まかな傾向として上昇している状態を【上昇トレンド】、下降している状態を下降トレンド、横ばいの状態を【もみ合い】ですとか、【トレンドレス】といいます。

これを実際の株価チャートでみてみるとこんな感じになります。

 

まずは【上昇トレンド】です。

これが実際の株価チャートの画面です。

先ほどの説明の通り、大まかな株価の方向性が上を向いているので、上昇トレンドと言えますね。

 

次に【下降トレンド】です。

全体の株価の方向が下降していますので、下降トレンドと言えます。

 

トレンドでわかること

トレンド、トレンドと言いますが、結局トレンドで何がわかるのか!?といいますと。

株式投資でキャピタルゲイン(売買益)を得ようと考えたときに、初心者の方がとる基本的な投資方法は『安いときに買って、高いときに売る』ということになってくると思います。

ということは、当然株価が上がりそうな銘柄を買いたいですよね。

そう考えたときに、上昇トレンドの方が儲かりやすい、下降トレンドの方が損をしやすい、と考えることができるわけです。

当然、一概にそれが全てだと言っているわけではありませんが、株価が上昇しているか下降しているかは、その銘柄のチャートを見れば3秒で判断できますので、超初心者の方にもわかりやすい指標と言えます。

というか初心者のうちは、株を取得するのは上昇トレンドにある銘柄のみにすることをおすすめします。

それでは次回以降トレンドだけではなく、もう少し詳しくチャートの見方を書いていきたいと思います。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク